ギター初心者 昭和歌謡 津軽海峡・冬景色/石川さゆり 歌詞&コード

難易度2  ★★☆☆☆

 

歌詞&コード

津軽海峡・冬景色/石川さゆり 歌詞&コード

作詞/阿久 悠 作曲/三木 たかし

E7
Am Dm Am E7sus4 E7 Dm Am B7 E7 Am

Am
上野発の夜行列車   おりた時から

Dm Am    Bm7-5 E7
青    森駅は雪の       中

Am
北へ帰る人の群れは   誰も無ロで

Dm Am       E7       Am
海鳴 りだけをきいている

Dm      Am
私もひとり

   F B7    E7sus4 E7
連絡船に乗り

Am            F
こごえそうな鴎見つめ

Dm            E7
泣いていました

Am  Bm7(-5)   E7 Am
ああ 津軽海峡      冬景色

Am Dm Dm6 E7sus4 E7 Dm Am B7 E7 Am

Am
ごらんあれが竜飛岬   北のはずれと

Dm   Am    Bm7-5 E7
見知らぬ人が指をさ    す

Am
息でくもる窓のガラス ふいてみたけど

Dm   Am    E7          Am
はるかにかすみ見えるだけ

Dm            Am
さよならあなた

   F B7    E7sus4 E7
私は帰ります

Am       F
風の音が胸をゆする

Dm            E7
泣けとばかりに

Am  Bm7(-5)   E7 Am
ああ 津軽海峡      冬景色

Dm Am B7 E7 Am

Dm            Am
さよならあなた

   F B7    E7sus4 E7
私は帰ります

Am       F
風の音が胸をゆする

Dm            E7
泣けとばかりに

Am  Bm7(-5)   E7 Am
ああ 津軽海峡      冬景色

Am Am7(onG) Fmaj7 E7sus4 E7


この曲はこの本にも掲載されています


コード



主要コード解説

Fコード

ギターのコードの中で難関と言われるコードがFコードです。はじめのうちは少し押さえるだけで左手の親指、小指の付け根がつってきます。休みながら、身につけるようにしましょう。弾けるようになるのが難しい分、マスターすると演奏できる曲がグッと増えますので、頑張ってものにしてください。コツは“人差指の親指側側面”で指板をグッと押さえるようにすることです。

Amコード

Amは演奏しやすく覚えやすいコードの1つです。よく出てきます。押さえるポイントは3本の指をしっかりと立てるようにしましょう。ここでも意識したいのが人差指。1弦の開放弦に触れないよう注意しましょう。

B7コード

このコードフォームも様々な位置で出てきます。人差指でしっかり弦を押さえましょう。こちらも位置をずらすだけで色々なコードが弾けるようになります

コードチェンジ

昭和歌謡の定番の名曲です。1つ1つコードを覚えて指板を見なくてもコードを押さえられるようにしていきましょう。


この曲はこの本にも掲載されています