ギター初心者 昭和歌謡 天城越え/石川さゆり 歌詞&コード

難易度2  ★★☆☆☆

 

歌詞&コード

津軽海峡・冬景色/石川さゆり 歌詞&コード

作詞/吉岡 治 作曲/弦 哲也

2Capo

Am E♭7 E7
Am Em Dm F Am Dm E7
Dm Am G7 B7 Em Am
Am              Em
隠しきれない  移り香が

Am             Dm            Am
いつしかあなたに 浸みついた

Dm                  Am
誰かに盗られる   くらいなら

Em                           Am
あなたを殺していいですか

   Em          Am
寝乱れて   隠れ宿

      Dm         C   E7
九十九折り   浄蓮の滝

       Am         Em       Am
舞い上がり 揺れ堕ちる 肩の向こうに

            Dm6            E7
あなた・・     山が燃える

Am
何があっても もういいの

Dm                 C         E7
くらくら燃える 火をくぐり

Am      Dm    Am
あなたと越えたい

Em         Am
      天城越え

Dm Am G7 B7 Em Am

Am          Em
口を開けば 別れると

Am               Dm         Am
刺さったまんまの   割れ硝子

Dm                   Am
ふたりで居たって 寒いけど

Em                               Am
嘘でも抱かれりや あたたかい

      Em      Am
わさび沢   隠れ径

       Dm     C E7
小夜時雨   寒天橋

   Am         Em       Am
恨んでも   恨んでも   躯うらはら

            Dm6            E7
あなた・・     山が燃える

Am
戻れなくても  もういいの

Dm                C          E7
くらくら燃える 地を這って

Am      Dm    Am
あなたと越えたい

Em         Am
      天城越え

Dm Am G7 B7Em Am

   Em       Am
走り水   迷い恋

   Dm          C   E7
風の群れ   天城隧道

   Am         Em       Am
恨んでも   恨んでも   躯うらはら

            Dm6            E7
あなた・・     山が燃える

Am
戻れなくても  もういいの

Dm                C          E7
くらくら燃える 地を這って

Am      Dm    Am
あなたと越えたい

Em         Am
      天城越え

Em Dm F Am Em Am


この曲はこの本にも掲載されています


コード



主要コード解説

Cコード

指をなるべく立てるようにして押さえます。特に意識してほしいのは、2弦を押さえる人差指。1弦の開放弦に触れやすいので意識して触れないようにしましょう。中指、薬指も隣の弦に触れやすいので注意しましょう。

Emコード

Emも演奏しやすく覚えやすいコードです。2箇所押さえるだけなので簡単ですね。ロックのスタンダードなコードでもあります。ここでも指をしっかりと立てて隣の弦に触れないように注意しましょう。

Fコード

ギターのコードの中で難関と言われるコードがFコードです。はじめのうちは少し押さえるだけで左手の親指、小指の付け根がつってきます。休みながら、身につけるようにしましょう。弾けるようになるのが難しい分、マスターすると演奏できる曲がグッと増えますので、頑張ってものにしてください。コツは“人差指の親指側側面”で指板をグッと押さえるようにすることです。

Amコード

Amは演奏しやすく覚えやすいコードの1つです。よく出てきます。押さえるポイントは3本の指をしっかりと立てるようにしましょう。ここでも意識したいのが人差指。1弦の開放弦に触れないよう注意しましょう。

B7コード

このコードフォームも様々な位置で出てきます。人差指でしっかり弦を押さえましょう。こちらも位置をずらすだけで色々なコードが弾けるようになります

コードチェンジ

頻繁にコードチェンジを行う曲です。1つ1つコードを覚えて指板を見なくてもコードを押さえられるようにしていきましょう。


この曲はこの本にも掲載されています