ギター初心者 おすすめ曲 見上げてごらん夜の星を/坂本九 歌詞&コード

難易度3  ★★★☆☆

 

歌詞&コード

見上げてごらん夜の星を/坂本九 歌詞&コード

作詞/永六輔 作曲/いずみ たく

G F E G(onD) C C#dim
D G(onD) G Am7 D
   G       F   E
見上げてごらん

   Am Ammaj7Am7 D7
夜の    星           を

   Am7 D7  G
小さな   星   の

   D7    G
小さな光りが

B7     Em  E
ささやか    な

E7(onG#) Am7
幸せ           を

G(onD) D7 G
うた       ってる

   G       F   E
見上げてごらん

   Am Ammaj7Am7 D7
夜の    星           を

      Am7 D7  G
ボクらの   ように

      D7 G
名もない星が

B7     Em  E
ささやか    な

E7(onG#) Am7
幸せ           を

G(onD) D7 G
祈          ってる

G F E Am Ammaj7 Am7 D7
Am7 D7 G D7 G
B7 Em E E7(onG#) Am7 G(onD) D7 G
Bm             F#m
手をつなごう ボクと

Bm             F#m
おいかけよう 夢を

Bm       F#m           Em A D
ニ人なら 苦しくなんかな    いさ

   G       F   E
見上げてごらん

   Am Ammaj7Am7 D7
夜の    星           を

   Am7 D7  G
小さな   星   の

   D7    G
小さな光りが

B7     Em  E
ささやか    な

E7(onG#) Am7
幸せ           を

G(onD) D7 G
うた       ってる

   G       F   E
見上げてごらん

   Am Ammaj7Am7 D7
夜の    星           を

      Am7 D7  G
ボクらの   ように

      D7 G
名もない星が

B7     Em  E
ささやか    な

E7(onG#) Am7
幸せ           を

G(onD) D7 G
祈          ってる

C  A♭  Gmaj7


この曲はこの本にも掲載されています


コード





主要コード解説

Cコード

指をなるべく立てるようにして押さえます。特に意識してほしいのは、2弦を押さえる人差指。1弦の開放弦に触れやすいので意識して触れないようにしましょう。中指、薬指も隣の弦に触れやすいので注意しましょう。

Dコード

3本の指で押さえる、押さえ方と、人差指で2フレットの3本の弦を押さえて中指で2弦の3フレットを押さえる方法があります。他の弦に指が当たらないようにして弾くと、きれいに鳴らすことの出来るコードです。

Gコード

Gコードは小指がポイントです。慣れないうちは小指で1弦を押さえるのが難しいですが、練習を重ねて指板を見なくても押さえられるようになりましょう。

Emコード

Emも演奏しやすく覚えやすいコードです。2箇所押さえるだけなので簡単ですね。ロックのスタンダードなコードでもあります。ここでも指をしっかりと立てて隣の弦に触れないように注意しましょう。

Bmコード

このコードフォームは様々な位置で出てきます。バレーコードなので押さえるのにコツが入ります。人差指でしっかり弦を押さえましょう。位置をずらすだけで色々なコードが弾けるようになります

Fコード

ギターのコードの中で難関と言われるコードがFコードです。はじめのうちは少し押さえるだけで左手の親指、小指の付け根がつってきます。休みながら、身につけるようにしましょう。弾けるようになるのが難しい分、マスターすると演奏できる曲がグッと増えますので、頑張ってものにしてください。コツは“人差指の親指側側面”で指板をグッと押さえるようにすることです。

Amコード

Amは演奏しやすく覚えやすいコードの1つです。よく出てきます。押さえるポイントは3本の指をしっかりと立てるようにしましょう。ここでも意識したいのが人差指。1弦の開放弦に触れないよう注意しましょう。

B7コード

このコードフォームも様々な位置で出てきます。人差指でしっかり弦を押さえましょう。こちらも位置をずらすだけで色々なコードが弾けるようになります

コードチェンジ

基本的なコードが多い曲です。バレーコードも4つ出てきますが上級の中では比較的優しい曲だと思います。1つ1つコードを覚えて指板を見なくてもコードを押さえられるようにしていきましょう。


この曲はこの本にも掲載されています